HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

2014年に注目の運用方法はどれ?


2014年現在資産運用で最もおすすめの方法が、不動産投資です。

投資用のマンションやアパートを購入して、利益を出すという投資方法となります。とはいっても不動産投資というと少敷居が高いなあといったイメージを持たれている方は多いとおもいます。

ですが、今も昔も、もっとも多くの方が手がけている代表的資産運用法は不動産になります。
たしかに、投資方法の中でももっとも手堅い分野です。

家賃収入というのは当然ながら毎月決まっているので、入居者が決まれば収入が安定します。

また、購入したあとの手間もなく、サラリーマンでも気軽に参入でき、なおかつ副業規定も一切問題ありません。

入居者による安定した家賃収入

サラリーマンの場合は銀行から融資がもらえるといったメリットもあります。通常不動産投資というのはローンを組んで物件を購入しスタートするのですが、サラリーマンの場合安定収入があるので一定の信用が有り、銀行から融資が下るケースが多いのです。

資産運用に不動産投資を試みようとする大きな理由は、銀行借り入れを利用できるからです。

なので、簡単にローンを組むことができます。貯金が1000万円ほどあれば十分にはじめることができます。また、そういった投資ローンは入居者の家賃収入から天引きされるシステムとなっているため、資産が確実に形成されるという意味でも、2014年現在数多くある資産運用の手段として最もおすすめの方法です。



東京オリンピックにむけて東京の地価は高騰中


2014年東京は地価が高騰しています。海外投資家たちが大挙して都内に押し寄せビルを買っています。

東京オリンピックを2020年に控えた2014年の今現在、もし不動産を手掛けようとするならば機会は今が最善といえます。

不動産投資の場合は特別な知識、スキルが無用であるというのもおすすめのポイントです。資産運用として手掛けやすい、という側面があるのでしょう。


2012年頃から不動産が動いてきて、2013年には明らかに今までと違いが出てきました。
不動産に資金が流れ込んでいることに気づいた投資家は、すでに物件を買い終えています。
この流れの最後のタイミングが2014年です。

もちろん来年も購入はできますが、条件はどんどん悪くなり、先々売却を考えると買いにくくなる状況が増します。


不動産にしか投資しない、という方にとって、2014年はラストチャンスといえるでしょう。


ただし、株式市況も活況です。
たしかに資産運用の対象としては、FXや株式投資も人気があります。


簡単に触れてみましょう。

FXや株式の場合は、自分で取り組むならば、経済ニュースをこまめにチェックしたり、チャートを読み解いたりといったそれなりのスキルが必要となります。
(資産運用のプロに委託するという選択の場合はこの限りではありません)


ですが、不動産投資の場合そういった必要性が一切ありません。

入居者が決まりさえすれば、あとは毎月家賃収入を受け取ることができます。特別なスキルや能力は一切必要なく、誰でも手間なく手軽にはじめることができます。

唯一必要なこととして、購入するタイミングやその物件の詳細はチェックしておく必要があるので、くれぐれもその物件に入居者が入ってくれるのか、その建物がどれくらいの期間あり、寿命はどれくらいなのかといったことは事前にしっかり把握しておきましょう。

最低限の資金と、あなたの社会的属性が銀行に受け入れられるようであれば、資産運用として不動産は有効な手段でしょう。この2014年までがいい条件で物件を買える最後のタイミングと投資家はみているようです。
タケシが推薦!おすすめファンドランキング