HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

1000万円を運用するには?


資産運用する上で、まず押さえておきたいポイントがあります。

それは、資産運用というものは、100万円の運用であろうが、500万円であろうが、1000万円であろうが、リスクとリターンは比例しているということです。金額に関係なくこの関係性は揺るぎません。


少し前までは、銀行預金や個人向け国債を利用した、いわゆる元本保証での運用が盛んでした。では、2014年現在は1000万円を資産運用する上で最も効果的な方法はどういった方法なのでしょうか?


ズバリ、リスクとリターンの関係性が最良なのは賃貸収入目的の不動産投資です。


この運用手法ですと初心者の場合でも比較的容易に参入することができます。中でも最も効率よくリターンを受けることができるのは、東京都内にある中古アパートを購入するという方法。

いきなりアパートを購入するのが不安だという場合は、築古のマンション等、ほど小さい物件からスタートし、じょじょに業界での知識や経験を得てステップアップを目指すといったことも選択肢のうちの一つです。

また、現金が1000万円以上あるという方でしたら、基本的には年間で200万円ほどの貯金は容易に可能であるという方が多いでしょう。なのでこの場合、小さな区分を2箇所現金で購入し、そこからの年間100万ないし数百万のお金と、サラリーマンで得る200万円を貯蓄することによって、また3~4年後には現金1000万円が貯まるということになります。

そして、その数年で業界の経験と知識を得て、晴れて中古アパートの購入といった具合にステップアップしていくことができます。


もちろん1000万円を運用するということは大変大きなチャレンジであることには変わりないので、しっかり勉強をした上で行いましょう。むしろ、上記の方法であれば勉強を怠らなければ、きわめて低リスクで運用することが可能です。


ネットの無料教材などでも比較的勉強になるため、参考までに紹介しておきます。

参考資料 無料で不動産投資の知識を身につける『不動産投資大百科』




タケシが推薦!おすすめファンドランキング