HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

1000万円を10年間資産運用するならば?

長期運用でいうと、だいたい5年~10年、長いものであれば20年といった期間で運用するものが、通常だといわれています。

年限をきっちり区切る運用は必ずしも効果的だとはいえませんが、ここでは、あえて、『1000万円10年間の運用をする』といった方法を考えてみることにします。



リスクを取って運用する場合

仮に年率1.0%の金融商品で運用したとします。
その際に、1000万円を運用すれば、1年後では1010万円になります。

しかし、ここでの価格変動リスクは、リターンにもなりますが、損失にもなり得るといえます。


『 モデル① 』

価格変動リスクが±5%で、配当(金利)益による年率2.0%であるなら、

970万円(950+20万円)~1070万円(1050+20万円)

の運用になります。


『 モデル② 』

価格変動リスクが±10%で、配当(金利)益による年率10.0%なら、

1000万円(900+100万円)~1200万円(1100+100万円)

になります。


ここでですが、『 モデル② 』のような金融商品なら、投資しても良いと思うでしょうか?


実際には、価格変動リスクと同程度の配当リターンは存在しないと思った方がよいでしょう。
(リーマンショック直前のFXによるNZD円、豪ドル円でのスワップ運用では、これに近い状態だったといえます)


価格変動リスクの半分くらいの配当リターンなら、上出来といえるでしょう。

せいぜい『 モデル① 』くらいの感じになるでしょう。


『 モデル① 』を100万年で10年運用すると

970万円⇒940.9万円⇒912.6万円こうなります。

という様に、最悪の運用成績で推移する可能性と1070万円⇒1139.9万円⇒1209.7万円…と、最高の運用成績で推移する可能性が、同じくらいに存在します。


この場合での10年後の運用成績は、元金1000万円での運用が、最悪737.4万円、最高1628.7万円で、平均すると、1183.1万円くらいになります。
平均である1183.1万円が期待される運用結果であり、183.1万円が10年運用による1000万円の期待リターンと考えられます。

1000万円10年運用モデル図

最悪の場合や、最高の場合の運用成績は、サイコロを振って、10回連続1を出すことに相当します。確率的にはかなり低いでしょう。

サイコロを10回振れば、いろいろな目が出るでしょう。したがって最悪や最高の運用成績よりも、期待リターンに近い運用になる可能性が高いといえます。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング