HOME 絶対に負けない株の買い方 1000~4000万のおすすめ資産運用 500万をローリスクで資産運用の考え方

知識ゼロから勝ち組投資家になる方法とは?


投資未経験者歓迎!無料で株の買い方とお得な銘柄を教えます

日本証券業協会が2012年に行ったアンケートによると成人した日本人の5人に1人は株式投資を行った経験があるようです。この5人に1人という数値を見て「え、そんなに」と思う人もいれば「意外と少ないな」と思う人もいるかもしれません。

いずれにしてもはっきりと言えることは、株の買い方さえ分かればあなたも5人に1人の側に回れるということです。そうはいってもゼロから株の買い方を教えてもらえる機会なんてそうそうないですよね。

そこでこのコンテンツでは、投資経験が乏しい方でも理解できるように株の買い方についてまとめてみました。

投資経験が乏しい方でも理解できる株の買い方
目次



ネット株を始める手順とおすすめ会社の紹介


どうやって株を買うのかという買い方を調べる前にやらなくてはいけないことは、証券会社の口座を開設することです。ここでは、証券会社で口座を開設する方法とおすすめのネット証券会社について取り上げていきます。

まずはネット証券会社で口座を開設する


日本国内には野村證券をはじめとした店舗を保有する証券会社もあれば、マネックス証券のように店舗を保有しない証券会社もあります。

店舗を保有しないタイプの証券会社は、株取引をオンライン上で完結させるのでネット証券と言われています。ネット証券であろうと店舗型の証券会社であろうと株式の買い方には大きな違いはありません。それではネット型と店舗型の証券会社では何が違うのでしょうか。

それは銘柄の売買を行う際の取引手数料です。ネット型の証券会社であろうと対面型の証券会社であろうと銘柄の売買を行うと売買手数料がかかるのですが、金額ベースではネット型の方が断然お得。

取引手数料が低いので店頭型にこだわる理由がなければ、ネット型の証券会社を利用するのが良いかと思います。手数料が安いネット証券会社の中でも顧客満足度が高い3社をこれから紹介していきます。

信頼が厚い松井証券


松井証券は、大正7年に創業された伝統のある証券会社です。老舗の証券会社でありながらも2,001年よりインターネット取引を専願とするネット証券会社に転身したという経緯があります。

マネックス証券や楽天証券のような一般的なネット証券と比較すると会社としての活動年数が断然長いです。そのため、個人投資家の信頼を長年獲得し続けてきたブランド力があるので安心して大切なお金を預けることができます。

5年連続で証券業界における窓口の格付けが最高ランクの評価を受けているので顧客サポートの質にも定評があります。このように松井証券には長年の信頼感と確かな顧客サポートがあるので安心して株式投資に臨むことができます。

投資初心者のサポートが手厚い楽天証券


楽天証券の特徴は、株式投資初心者に対する教育面でのサポートが手厚いことです。楽天証券は、自社サイト内で銘柄の買い方を始めとした株式投資の基本中の基本を懇切丁寧に解説しています。そのため、株式の買い方が全く分からない人でも安心して取引に臨めます。

投資はじめてガイド&セミナー 株式の買い方を始めとした教育面のサポートに加えて投資初心者に有利な売買手数料制度が注目に値します。国内株式に限定されますが、3回まで手数料が実質0円で取引を行えるので株の買い方を学んで間もない投資家にはありがたい制度と言えます。

楽天内のグループ企業の中には楽天銀行もあるので楽天銀行と連携すれば入金と出金の処理をスムーズに行なえます。他のネット系証券会社と比較するとサポート体制に優れているので株式の買い方にも不安がある人には最高のネット系証券会社と言えるでしょう。

IPO案件に強いSBI証券


SBIホールディングズの100%出資小会社のSBI証券は、ネット証券業界の中で最も規模の大きな会社です。SBI証券の1番の魅力は、IPO銘柄を数多く取り扱っていることです。2014年には、日本国内の77件のIPO案件のうち8割を優に超える65件を取り扱っておりました。この数値は、他のネット証券の倍以上の数値です。

加えて通常ネット証券は店舗を持たないのですが、SBI証券は実店舗も構えて営業しています。総合口座の開設口座数は300万口座を突破しており、2位以下を大きく引き離しております。国内最大手のネット証券なのでサービスの質の高さにも期待ができます。


SBI証券での投資銘柄の買い方の大特集


株式投資に興味を持っても銘柄の買い方が分からないと投資に取り組めませんよね。そこで株式の買い方の流れを掴んでもらうためにSBI証券で株式を買うためのプロセスを紹介します。*どの証券会社も株式の買い方に大きな違いはないのでSBI証券を利用せずとも今回の説明は役に立つかと思います。

SBI証券で株式投資を行なう手順


SBI証券の証券口座を利用して銘柄の売買を行うためにもマイページにログインしましょう。もしまだ証券口座を開設していないということでしたら、買い方を調べる前にまずは証券口座を開設しましょう。

SBI証券画面 ※SBI公式サイトより

株式投資の買い方の第1ステップが口座開設ならば、買い方の第2ステップは、証券会社の口座にお金を預け入れることです。この入金作業が終わらないと取引ができないので株式の買い方のコツを学ぶよりも大切です。

SBI証券画面 ※SBI公式サイトより

入金作業が完成すれば、マイページ内の株式を購入できるページから株式を購入するだけです。マイページからの株の買い方の手順は、「銘柄を探す」・「銘柄を決める」・「購入条件を決める」という3つのフェーズに分かれます。それぞれのフェーズについて一緒に見ていきましょう。

銘柄を探す
銘柄の買い方における第一フェーズは、自分が希望する銘柄を検索して探すことです。希望する銘柄を探し求めるためにも株式銘柄の検索が行える検索フォームがあるページに足を運びましょう。

SBI証券銘柄選択画面 ※SBI公式サイトより

上の図の左上にある「銘柄を探す」という項目から興味のある会社の名前を検索してみましょう。今回は便宜上、SBIと入力してみます。SBIと入力するとSBIという検索キーワードにヒットする銘柄の一覧が出てきます。

SBI証券銘柄選択画面 ※SBI公式サイトより

銘柄を決める
検索された候補の中から買いたい銘柄をクリックしましょう。クリックすれば、その銘柄の詳細な情報が開示されているページに移ります。

SBI証券銘柄選択画面 ※SBI公式サイトより

購入条件を決める
今回は、SBIホールディングズの株式を現物買いで購入するための手順を紹介していきます。現物買いを行なうためには、検索された銘柄の現在価格が掲載されている箇所の右隣にある「現物買」をクリックすることになります。

現物買をクリック ※SBI公式サイトより

「現物買」をクリックすれば、現物買いという買い方で株式の購入を行えるページに移動します。まずは株式の買い方で必ず押さえておきたい売買単位をチェックしましょう。この売買単位というのは、最低取引単位数なので株式の買い方を考える際にポイントになります。

株式購入ページ ※SBI公式サイトより

売買単位が100と規定されているのでSBIホールディングズの売買単位は、100株です。今回は1単位である100株分のSBIホールディングズの株式の買い方を見ていきましょう。100株を買うためには、購入数を決める「株数」という箇所に100という数字を入力する必要があります。

株数入力 ※SBI公式サイトより

「株数」の他にも「価格」、「期間」、「預かり区分」は指定しなくてはいけません。今回のケースでは、上記の4つの項目は下記のように入力してみます。

  • 「株数」:100株
  • 「価格」:指し値で1578円
  • 「期間」:当日中
  • 「預かり区分」:特定預かり

ちなみにここで紹介した4項目は、自由に選択することができるのでご自身の希望通りの条件を入力するとよいでしょう。4つの項目を入力して「注文確認」ボタンを押せば、発注作業が完了します。

発注作業が完了 ※SBI公式サイトより

無事に注文が確定されれば、株式の買い方の一連のプロセスは終了したことになります。確定がきちんとなされているかは、SBI証券のホームページの「取引」というタブから確認することができます。

発注作業終了 ※SBI公式サイトより

ここまで見てきたように株式の買い方は、「口座開設」→「銘柄を決める」→「購入手続を行う」という3つのステップに分かれます。逆に言うとこの3つのステップを行えば誰でも株式投資ができてしまいます。株の買い方って案外簡単だと思いませんか。

株式の買い方は、ネット証券会社であろうと店頭型の証券会社であろうと大きくは変わりません。そのため、今回一緒に見てきた株式の買い方の手順は他の証券会社を利用するとしても大いに役立ちます。

NISA口座の開設方法


せっかく株式投資をやるのならば、NISAを利用したいですよね。「NISAって何?」という人に簡単に説明すると少額投資を非課税にする制度のことです。この制度を利用すれば、投資で発生する利益が年間で100万円を下回る限りは税金の支払いが免除されます。

このお得なNISAという制度は、NISA口座を開設すれば未成年であっても利用することができます。SBI証券でNISA口座を開設したいのならば、公式サイト経由でNISA口座を申請するだけで事足ります。

NISA口座を開設 ※SBI公式サイトより

投資経験が浅い場合、年間で100万円を超える利益が出るほどの結果を出すのは容易ではありません。そのため、銘柄の買い方を学んだばかりの初心者投資家ほどNISA口座の恩恵を受けることができます。

指し値取引はオンラインで行える

国内の株式市場が開催される時間帯は、平日の朝からお昼過ぎになるので本業の業務時間と丸かぶりしてしまいます。本業との兼ね合いで役に立つのは、購入条件を入力すればその条件通りの取引を自動で行える指し値注文です。

ここでは、SBI証券の口座で通常の指し値と逆指値を設定する方法を紹介します。今回紹介する指し値を定めた上での銘柄の買い方の手順は、どの証券会社でも大きくは変わらないのでSBI証券を利用しなくても役立ちます。

まずは「〇〇円を下回った時に買う」という指し値条件を設定した上での銘柄の買い方を紹介します。指し値を定めた上での銘柄の買い方は、指し値を指定した上で銘柄の発注を行うだけです。

例えば狙いをつけた銘柄を1,578円で購入する場合、買い方を指し値に設定した上で金額欄に1,578円という数字を記入するだけです。

指値注文 ※SBI公式サイトより

仮に銘柄の現在価値が1,600円だった場合、銘柄価格が1,578円になった瞬間に取引が決行されます。逆に1,578円を下回ることがない場合、取引が行われず取引自体が無効になります。ここまで見てきたように指し値を設定した銘柄の買い方は、指し値条件を入力した上で希望する銘柄を発注するだけです。

また「〇〇円を上回ると買う」という逆指値を指定した上での銘柄の買い方を紹介します。逆指値による銘柄の買い方は、執行条件(緑の丸の箇所)を逆指値に設定した上で買い付け条件を入力するだけです。

買い付け条件の入力 ※SBI公式サイトより

ここまでSBI証券における指し値と逆指値を定めた上での銘柄の買い方を紹介してきました。指し値と逆指値を定めた上での銘柄の買い方は、条件の設定方法が分かれば誰でも利用できます。条件を指定した上での銘柄の買い方は、株式投資の成功には欠かせないので正しく理解して使い倒したいですね。

今注目のIPO銘柄の購入方法


高い確率で利益を上げることができる銘柄は、IPO銘柄という新規で上場する予定の会社の株式です。ここでは、そんなIPO銘柄の買い方をSBI証券におけるIPO銘柄の購入プロセスを通して説明していきます。IPO銘柄の買い方の全体像は以下の4つのプロセスに分解されます。

  1. 現在公募中のIPO銘柄を確認する
  2. ブックビルディングを申し込む
  3. ブックビルディングの抽選結果を待つ
  4. 当選したIPO銘柄を購入する

IPO銘柄の買い方における各プロセスの詳細な内容を紹介していくので一緒に目を通していきましょう。

IPO銘柄の確認
IPO銘柄の買い方の第1フェーズは、現在募集中のIPO銘柄を確認することです。そのためにも証券会社の公式サイトの中でIPO銘柄の情報が公開されているページに足を運びましょう。

IPO銘柄の確認 ※SBI公式サイトより

IPO銘柄で確認したいのは、購入単価と申し込み単位数です。購入単価は「発行価格」という項目で記載されており、申し込み単位は「申し込み株数単位」という項目に記載されています。公表されている購入単価と申込単位数は、IPO銘柄を購入する前に必ず目を通しましょう。

ちなみに新規上場する予定の会社の詳細な情報は、上の写真の右上にある「目論見書」という資料で確認ができます。「目論見書」には、IPO株式を発行している企業の事業ドメインや財務情報がまとめられています。こちらも購入単価と申込単位数と同様に重要なので目を通したいですね。

購入単価・申込単位数・目論見書の3点に目を通せば、IPO銘柄の買い方の第1フェーズであるIPO銘柄の確認が完了します。IPO銘柄の買い方における第2フェーズのブックビルディングの申請に移りましょう。

ブックビルディングの申請
現在募集されているIPO銘柄が分かれば、ブックビルディングの申請を行いましょう。「ブックビルディングって何?」という人に簡単に説明するとIPO銘柄の予想単価のようなものです。一般的にはこれから紹介するような形で値段と販売単位数が公開されます。

IPO銘柄の確認 ※SBI公式サイトより

ピンクの枠で囲まれた箇所の「仮条件」という表記と1,100円~1,400円という金額に注目してください。この1,100円~1,400円という価格帯は、日本郵政という会社のIPO銘柄の仮価格です。

つまり「1,100円~1,400円という価格帯で販売します」という証券会社の意思表示のようなものです。この仮価格をベースにブックビルディングを行いましょう。ブックビルディングを申し込む際には、申し込み株数と申し込み価格を入力することになります。

申し込み価格を入力 ※SBI公式サイトより

ブックビルディングを申し込む際に必ず意識したいのは、申し込み価格には仮条件の上限金額を入力することです。その理由は、自分が入力した申し込み価格が発行価格を下回る場合、申し込みが無効になってしまうからです。

無事に価格と株数を入力すれば、IPO銘柄の買い方の第2フェーズであるブックビルディングの申し込みは完了です。買い方の第3フェーズであるブックビルディングの抽選結果を気長に待ちましょう。

抽選結果を待つ
ブックビルディングを申し込んだあとには、ブックビルディングの抽選が行われるのでその結果を待つことになります。この抽選結果を待つというのがIPO銘柄の買い方の3つ目のフェーズになります。

なぜ抽選が行われるかといいますとIPO銘柄には、公募数をはるかに上回る購入申込みが集まるからです。例えば新規で公募される株数が10万株なのに30万株の買い入れ注文があると公募数を超えていますよね。その場合、買い付け注文を絞り込むために抽選が行われます。

当選すればIPO銘柄を購入することができますが、当選できなければIPO銘柄の購入を諦めなくてはいけません。当選・落選に関係なく抽選結果は通知されるのでブックビルディングの申請が完了した後は抽選結果を気長に待ちましょう。

当選したIPO銘柄を購入する
SBI証券の場合はブックビルディングの抽選に当選するとマイページに連絡がきます。

IPO銘柄を購入する ※SBI公式サイトより

確認したいのは、抽選結果です。上のケースだと200株申し込んで100株は当選していますが、残りの100株は補欠当選になっていますよね。当選したIPO銘柄の買い方は、「購入意思表示」という箇所をクリックするだけです。このクリックを押せば、IPO銘柄の買い方に関する一連の流れが完結します。

ここまで紹介したIPO銘柄の買い方を時系列順に振り返りましょう。

  1. 現在公開されているIPO銘柄を確認する
  2. 各IPO銘柄の詳細や仮条件を確認する
  3. ブックビルディングを申請する
  4. ブックビルディングの抽選結果を待つ
  5. 抽選結果に応じた行動を取る

ここで取り上げたIPO銘柄の買い方の5つのステップは他の証券会社でも大きくは変わりません。IPO銘柄には抽選があるので買い方を知っていても手に入る保証はありませんが、購入するチャンスがあれば積極的にブックビルディングの申し込みをしたいですね。


買い方を学んだら株式投資の基礎用語を知る


基本的な株式投資の買い方が分かれば、賢い株式の買い方を学びたいですよね。高い確率で利益が狙える賢い銘柄の買い方はありますが、それを学ぶ前に株式投資における基本的な用語を押さえたいですね。そこで株式投資に臨むのならば正しく理解しておきたい5つの基礎用語をまとめてみました。

株式会社の意味


株式投資を行う前に株式を発行する株式会社は誰のものかについて考えてみましょう。この「会社は誰のものだ」という問に対する諸説は色々とありますが、株式会社に関しては株主のものになります。

その理由は、株式会社というのは、株主からお金を預かって事業を行う会社だからです。つまり株式を買うということは、会社にお金を預けた投資家という立場になるのです。

そのため、会社の業績が上がればあなたにも恩恵がありますし、業績が下がればあなたにもダメージがあります。もちろん有限責任である以上、投資した金額以上の損失は発生しませんが会社が倒産したら投資金額はパー。

会社と一蓮托生の立場になる以上、自分の大切なお金を託せる会社を探したいですね。株を買う意味について正しく理解することは、上手な株式の買い方を学ぶ以上に株式投資では大切になります。

株価


テレビや新聞でよく目にする「株価」というのは何かと言いますと一銘柄あたりの購入単価のことです。この購入単価は、会社の経営成績や世界情勢の動きに応じて変動します。シンプルに考えると皆が買いたいと思うと銘柄の価値は上がりますが、皆が売りたいと思うと銘柄の価値が落ちます。

賢い株の買い方を考えるためにもこの価格変動プロセスは正しく理解したいですね。ただし銘柄価格には、純粋な業績だけではなく投資家の心理も大きく反映されます。このことを考えてみると業績が良いのに投資家に見落とされている銘柄に注目するのは、賢い株の買い方と言えるでしょう。

株数


銘柄を購入する金額は、株価×株数で決まります。そのため、気になる銘柄を見つけた場合はどれくらいの数量を買うかについては慎重に考えたいですね。またほとんどの銘柄において単元単位というものがあります。

単元単位数というのは、会社が定めた1単位あたりの株数のことです。気に入った銘柄の1単位が100株だった場合、100株単位で購入しなくてはいけません。どの銘柄を買うか考える際に株数は、株価と同様に必ずチェックしておきたい項目です。

寄り付き


「寄り付き」というのは、マーケットが再開される時点で付けられる銘柄の単価のことです。日本国内の株式市場は、朝9時~11時半の前場と12時半~15時までの後場に分かれます。この2つの時間帯だけしかマーケットが開催されないことを理解しましょう。

そのため、「寄り付き」価格というのは朝9時の前場が始まった時点の価格とお昼の12時半という後場が始まった時点の価格を指します。「寄り付き」価格を見て各投資家は銘柄の売買を考えるので寄り付き価格が出た直後は相場が大きく動く傾向があります。

また11時半と15時というマーケットが閉じた時点を「引け」といいます。「引け」の価格が発表されると次のマーケット開催までは銘柄の価格が分かりません。「寄り付き」価格と「引け」価格の差を見ることで銘柄の変動幅の目安を掴むことができます。

ネット株


ネット株という言葉は、ネット系の株式ではなくてネットで株式投資を行なうことです。ネットで銘柄の売買を行うネット株は、スマートフォンの広がりに応じて手掛ける人が増えてきています。

ネット証券を始めとしたほとんどの証券会社は、スマホで銘柄の売買を行える環境を提供しています。スマホを利用すれば、会社の休憩時間や電車の中でも銘柄の売買を行えますのでネット株は便利です。

今でも証券会社に電話をして銘柄の売買を頼むことはできますが、時間がかかることに加えて電話代もかかりますよね。ネット株ならば、スマートフォンの電波が届けばどこでもワンクリックで銘柄の売買を行えます。大変便利なのでスマートフォンをお持ちの人は、ネット株を利用すると良いでしょう。


指し値と成り行きの使い分けが銘柄の買い方のコツ


銘柄の買い方が分かったら上手な買い方が気になるかと思います。利益が約束される買い方はありませんが、勝率が上がる買い方として指し値と成り行きの使い分けがあります。ここでは、指し値注文と成り行き注文による銘柄の買い方を特集します。

指し値注文とは?


指し値注文を利用すれば、自分が希望する条件で銘柄の売買を行えます。極論になってしまいますが、株式投資で利益を上げるには買った価格を超える金額で売却することですよね。そうなると1番ポイントになるのは、安く買って高く売ることです。

そうはいってもマーケットは順次動きますし、値動きの幅は誰にも予測ができません。せっかく買った銘柄の価値がいつの間にか大きく下がることもあれば、目をつけていた銘柄の価値がいきなり高騰することもあります。

マーケットの動向によって買いたい時に買えない、売りたい時に売れないというのは普通に起こり得ます。こんな状況を避けたい方にとって指し値注文という銘柄の買い方は大いに役に立ちます。指し値注文は、これから紹介する4つのパターンに分かれます。

  1. 指定した価格を超えた時に売る
  2. 指定した価格を下回った時に買う
  3. 指定した価格を超えた時に買う
  4. 指定した価格を下回った時に売る

指し値と逆指値を利用すれば、買いたいタイミングに買えますし、売りたいタイミングで売れます。事実上の自動売買のような形になるので積極的に利用すると良いかと思います。

成り行き注文とは?


成り行き注文とは何かといいますと値段を指定せずに銘柄の売買を行う注文方法です。成行注文の何が良いかといいますと指し値注文と異なり、条件を指定しないので現在価格でスパっと決済できることです。

どんなときに成行注文が役に立つかといいますと株価が暴落したり、株価が急騰している時です。例えば会社が画期的な製品やサービスをリリースするとその企業の株価は短期間で大きく値上がりします。

株価は上がる時には一気に上がるので、指し値取引で購入金額を指定してもその金額で買えないことがあります。そんな時には、購入条件を指定せずに現在価格で即決できる成行注文という買い方は大いに役立ちます。

SBI証券における成行注文と指し値注文の違い


ここまで成行注文と指値注文という2種類の株式の買い方を紹介してきました。ここからは、成行注文と指値注文という2種類の銘柄の買い方を実際の取引環境で利用するための手順を紹介していきます。

成行注文と指値注文では買い方のジャンルが異なるので最初にどちらの買い方を利用するかを指定しましょう。例えばSBI証券で株式を購入する場合、成行、指し値、逆指値という3種類の買い方の中からどれか1つの買い方を選ぶことになります。

成行、指し値、逆指値の選択購入 ※SBI公式サイトより

買い方が決まれば、取引条件を指定することになります。特に指し値注文と逆指値注文という買い方を利用する場合、価格と期間の設定は必須といえます。価格と期間の条件を入力すれば、自分の目が届かない間も機械が自動で所定の条件通りの売買を行ってくれます。

ちなみに銘柄の買い方を成行注文に指定する場合、今すぐ取引を行うことになるので条件の設定は不要です。SBI証券の取引環境で見たように指値注文と成行注文という2種類の買い方の使い分けは誰でもできます。どちらの買い方には良し悪しがあるのでマーケットの状況に応じて使い分けたいですね。


皆知らない100円単位から取引を始めるやり方


上場企業の銘柄を購入するとなると10万円クラスの元手を用意することが必要になります。10万円という金額は収入に余裕がある人なら簡単に準備ができると思いますが、お小遣い制のお父さんや貯金が全く無い人には結構厳しいです。

そんな時に利用しておきたいのが単元未満株です。単元未満株って何かといいますと株式の売買単元をはるかに下回る株数で取引を行える株のことです。またの名をワン株やプチ株と言います。

株式の一般的な買い方は、100株~1,000株といった1単元単位から購入に臨むことです。そのため、1株価格が100円であっても株式の購入には、1万円~10万円の元手が求められます。

他方で単元未満株の場合、本来の単元の100分の1~1,000分の1の単位で売買に臨めます。通常の単元銘柄のようにまとまった単位での購入が求められないので初期費用が少なくて済みます。

しかも単元未満株の中には、100円以下の低価格で買えるものもあるので最も初期投資が小さく済む株の買い方と言えます。銘柄の買い方を学んだばかりで投資経験が浅い方のトレーニングにもなりますので銘柄の買い方を学んだ直後の練習台に使うと良いでしょう。

ただし単元未満株にはこれから紹介する3つの問題があります。

  1. 売買条件に制限が付く
  2. 優待サービスの対象外
  3. 株主総会への参加が認められない

特に2の優待サービスを受けられないことは結構痛いです。単元未満株の利用は、初期投資を低く抑えられますが、完璧ではないことを理解すると良いかと思います。


投資初心者におすすめの銘柄はイオンの株式


銘柄の買い方のコツを学ぶことと同様に優良な銘柄を厳選することが株式投資の成功には不可欠です。どこの銘柄を購入すれば良いかは迷いどころですが、投資経験が浅いのならばイオングループの株式は最適な投資銘柄の1つと言えます。ここではイオングループの株式の詳細を紹介していきます。

イオン株価の推移


投資家として一番気になるのは、株価の推移です。そこでイオンの過去5年間の株価の推移を調べてみたので一緒に見ていきましょう。

イオンの過去5年間の株価の推移 ※SBI公式サイトより

このチャートを見れば、銘柄の単価には波がありながらも中長期的には値上がりをしていることが分かるのではないでしょうか。2015年~2016年の一年間で大きく株価が上がったのは、2015年の連結営業収益が過去最高だったことが影響しているようです。

2016年に入ると2015年の時よりは下がっていますが、2012年の状況と比較すると値上がりがしています。株価の上下の波が分かりやすいので波が低くなった地点を狙えば、高確率でリターンが見込めます。

銘柄価格の推移を見る限り、短期で銘柄価格が急落することは少なそうなので 安定性の高い銘柄と言えます。株式の買い方を学んで間もない個人投資家が、株式投資の始めの一歩として利用するのに絶好の銘柄と言えます。

イオン株の購入単位と株主優待特典とは?


イオングループの単元株数は100株です。2016年現在のイオングループの銘柄単価はだいたい1,600円なので16万円の元手があれば購入することができます。単価や1単元あたりの株数を考えると株の買い方を学んだばかりの投資家でも手が出しやすい銘柄と言えます。

そんなイオン株を購入すると手に入る3種類の株主優待サービスを見ていきましょう。

毎日の会計が3%~7%割引
イオングループは、100株を超える株式を保有する人に株主優待カードを提供します。このカードをお会計時にイオングループの店舗に提出すれば3%~7%の値引きを毎回受けられます。毎日値引きされるので主婦の方や一人暮らしの方にはありがたいですよね。

お客様感謝デーで5%の割引
イオングループは、毎月20日と30日にお客様感謝デーを開催しています。この日にイオン系列の店舗で商品を購入すると5%のお値引きを受けられます。もちろん株主優待カードを提出すれば、3%~7%の値引きは通常通り適用されるので最大で12%の割引を受けられます。

お会計時の特別割引あり
イオン系列の店舗の中には、株主優待カード保有者向けの特別料金を設定しているケースがあります。そういったお店で株主優待カードを提出すれば、格安価格でサービスを受けることが出来ます。

ここまで紹介してきたようにイオングループの株式を保有すれば、イオン系列のお店で割引サービスを受けられます。日常生活で利用ができる優待特典が付いてくるので株の買い方を学んだばかりの人でも買いやすい銘柄と言えるでしょう。


株主優待がお得なおすすめの銘柄紹介


投資初心者におすすめしたい株の買い方は、株主優待がお得な銘柄をピンポイントで選択することです。ここでは、株主優待が魅力的で株の買い方を学んだばかりの人におすすめしたい4つの銘柄を紹介します。

お食事券がもらえるマクドナルド


マクドナルドというハンバーガーのチェーン店はご存知かと思います。日本国内のマクドナルドの経営と管理を担当しているのは、日本マクドナルドホールディングスです。日本マクドナルドホールディングスの株主優待と配当金について見ていきましょう。

マクドナルドの優待サービスは、ハンバーガーやドリンクメニューのお食事券が6枚セットになっている小冊子です。この小冊子の中にあるお食事券を持っていけば、マクドナルドの店舗で本物のお食事と交換してもらえます。

配布される冊子の枚数は、保有銘柄数によって異なります。日本マクドナルドホールディングスの公式サイトによると配布される冊子の枚数は、以下のようになっております。

保有銘柄数優待食事券の冊子
100~2991冊
300~4993冊
500以上5冊


2015年における1株あたりの配当価格は30円でした。1単元単位の100株を保有すれば、3,000円の配当がもらえますし、お得な無料お食事券が付いてきます。配当金額と優待特典が魅力的なので銘柄の買い方を学んで間もない個人投資家にも人気のある銘柄の1つです。

年に2回サービス券を配布する吉野家


日本国内で幅広く展開している吉野家という牛丼屋をご存知でしょうか。日本国内の吉野家の店舗を運営および管理しているのは、吉野家ホールディングスという会社です。

吉野家ホールディングスの優待サービスは、年に2回の無料サービス券の配布です。無料サービス券の配布枚数は保有している銘柄数に応じて異なり、保有銘柄数ごとの配布枚数は以下の通りです。

保有銘柄数300円分のサービス券
100~99910枚
1,000~1,99920枚
2,000以上40枚


ちなみに配当金に関しては、年間で1銘柄あたり20円の還元をしています。 毎年サービス券が2回も無料で配られますし、配当金ももらえるので普段吉野家を利用する方ならば注目したい銘柄と言えます。

コーヒーのタダ券がもらえるドトール


日本国内で最も有名なコーヒーチェーンの1つにドトールがあります。そのドトールの店舗の運営の管理を司っているのが、ドトール・日レスホールディングスという会社です。(以下ドトール)

ドトールの株主優待サービスは、店舗で利用ができるドトール・バリューカードの提供です。バリューカードの金額は、保有銘柄数に応じて異なり、保有銘柄数ごとのカードの金額は以下の通りです。

保有銘柄数バリューカードの金額
100~3001,000円分
300~5003,000円分
500以上5,000円分


ドトールの1単位あたりの単元銘柄数は、100株となっております。ドトールは、業績もよく決算報告書を見る限り、売上規模も利益額も年々増えております。長期保有に向いているので株の買い方を学んだばかりの人にも手が出しやすい銘柄と言えます。

株主優待券がもらえるANA


ANAという日本の航空会社の名前をご存知でしょうか?質の高い航空サービスを提供しているANAは、株主に対しても手厚いサービスを提供していることで有名です。ANAの株式は、ANAホールディングスという名称で販売されており、1銘柄あたりの単価は300円~400円の範囲内で売買されています。

ANAホールディングスは、これから紹介する5つのサービスが利用できる株主優待券が詰まった小冊子を株主に提供しています。

  1. 国内線のご搭乗優待券
  2. ANAと提携しているホテルの割引券
  3. 空港内の売店で使える割引券
  4. 提携ゴルフ場の割引券
  5. パッケージツアーの割引券

特に注目したいのは、1の国内線のご搭乗優待券です。この優待券を利用すれば、国内線の片道運賃がなんと半額になります。この半額券は、年内いつでも利用ができるので航空運賃が高くなる連休期間であっても航空運賃が半額になります。

ご搭乗優待券は、保有株数に応じて配布枚数が変わっていきます。1単元毎に1枚の半額券が付いてくると考えると良いかと思います。(所有単元数に応じてこの割合は変わります)

配当に関しては年度に応じて異なりますが、1株あたり3円~5円の還元がされます。1単元単位である1,000株を保有している場合、3,000円~5,000円が毎年還元されることになります。少なくない配当金とお得な株主優待券が毎年もらえるのでとてもお得な株式と言えるかと思います。


IPO銘柄の特徴とIPO銘柄を売買するコツ


数年前に東京電力の株価が大暴落したように安全と言われる銘柄であっても将来の値動きは分からないものです。常に値下がりリスクがある株式の中で高い確率で値上がりが期待できるのがIPO銘柄です。ここではIPO銘柄の特徴やIPO銘柄を選ぶ際に気をつけたいポイントを紹介します。

IPO銘柄の特徴と売買時の最低株数


IPO銘柄は購入後に90%以上の高確率で値上がりが期待できます。そのため、銘柄の買い方を学んだばかりの投資初心者であっても高い確率で高いリターンを狙えます。どうして高い確率で値上がりが期待できるかといいますと上場の目的の1つに複数の投資家からお金を集めるということがあるからです。

投資家に株式を買ってもらうためには、株式の価格を投資家に安いと思ってもらう必要があります。そのため、公募価格は割安な価格に設定されることが多いです。同時に株価というのは、一種の人気投票のようなものなので多くの人が購入をすればそれだけ値が上がります。

割安価格の株式があれば多くの投資家が買いたいと殺到しますよね。その結果として上場後の初値は、公募価格を大きく上回るケースが多いのです。こういった原理があるのでIPO銘柄は高い確率で値上がりが期待できます。

各IPO銘柄の最低株数は、IPOの公募価格と同様に公表されます。最低株数は、IPO株の買い方を考える際に購入単価と同様に鍵になるので必ずチェックしたいですね。

ちなみに各IPO銘柄の値上がり幅には大きな差が見られます。例えば2013年に新規で上場したリプロセルという会社の株式は、3,200円の公募価格が始値の時点では17,800円にまで値上がりました。

他方でリプロセルと同様に2013年に新規上場を果たしたサントリー食品は、公募価格が3,100円という価格でしたが上場後の初値は3,120円でした。

サントリー食品の公募価格と初値の差額を計算するとたったの20円です。これは、リプロセルの差額と比較すると格段に小さいですよね。それぞれのIPO銘柄で値上がり幅が大きく異なる以上、どの銘柄を買うかは慎重に考えると良いかと思います。

IPO銘柄に強い証券会社は、SBI証券


抽選が必須になるIPO銘柄の買い方のコツは、複数の証券会社の口座を利用することです。複数の証券会社を利用すれば、IPO銘柄の売買抽選に参加するチャンスが増えます。特に注目したい証券会社は、SMBC日興証券とSBI証券です。

この2社は、IPO銘柄の取り扱いが他の証券会社と比較して断然高いという特徴があります。2014年のIPO銘柄は全部で77件ありましたが、その中でSBI証券は65件の幹事を担当し、SMBC証券は60件の幹事を担当しています。

幹事を担当する件数が多いということは、それだけIPO銘柄の取り扱い件数が多いことを意味します。ほとんどのIPO銘柄は、公募数を超える申し込みがあるので最終的には抽選になってしまいます。

抽選には落ちることがある以上、IPO銘柄に興味があるのならば取り扱い件数が多い証券会社を利用したいものです。特にSBI証券は、IPO銘柄の抽選に落選する度にIPOチャレンジポイントが貯まります。

このポイントが貯まれば、次回以降にIPOの抽選に当たる確率が高まるので抽選に落ちても次のチャンスに繋がります。IPO案件の数も多いので他の証券会社と比較してIPO銘柄を購入するチャンスに恵まれます。

ブログのIPO予想は信じなくて良い


インターネット上のブログを探してみれば、IPO銘柄に関する情報が数多く見つかります。個人のブログで発信される情報は、噂の類に過ぎないものも多いので情報を鵜呑みにするのはあまりおすすめできません。

例えば、昨年日本郵政グループが上場したのをご存知でしょうか。あるブログでは、日本郵政のIPO銘柄は公募価格を割り込むという予想をしていました。しかしながら、IPO後の銘柄単価を見てみると1,400円の公募価格は1,631円にまで値上がりしていました。

またあるブログでは、IPO銘柄は確実に稼げるという表現をしていました。確かに高い確率で利益が見込めるのは事実ですが、2015年には公募割れしたIPO銘柄は8件あったように公募割れも普通に起こります。

このようにブログの情報の中には、的はずれな情報も少なくないのでブログの情報は信用し過ぎないほうが良いかと思います。


投資成功者の9割は銘柄の買い方を知らない?


このコンテンツでは、株式銘柄の買い方とお得な銘柄の選び方を紹介してきました。このコンテンツでまとめた情報を参考に銘柄の売買に取り組めば、銘柄選びで致命的な失敗をする確率が下がります。

その上での話ですが株式投資の世界では、上手な銘柄の買い方を学んでも勝てるかどうかはわかりません。その理由は、経営が安定している会社であっても 1つの不祥事で株価が大暴落することはよくあるからです。

例えば東京電力という会社をご存知でしょうか?2011年の大震災の直前までは業績も非常に良く、個人投資家の間では超優良株という評価を受けていました。 しかしながら震災が起きた直後には当時2,000円を上回っていた株価が、短期間で4分の1以下にまで急落しました。

相場の世界は「神のみぞ知る」という言葉があるように今順調な銘柄も1年後どうなっているかは誰も予測できません。こう考えてみるとどんなに効果的な銘柄の買い方を学んでも利益が出るかどうかは全く保証されません。

未来を確実に予測することができない以上、株式投資を始めとした投資の世界には博打のような要素が少なからずあります。博打と聞くと「ギク」とする人もいるかと思いますが、パチンコを含めたありとあらゆる博打には必勝法があるように投資の世界においても必勝法があります

その必勝法というのは、専門家の力を借りるということです。真面目な人ほど自分で結果を出そうとするのですが、結果を求めるのならばプロに頼んでしまった方が楽です。投資のプロは、投資の世界で生計を立てているので副業感覚で気軽にやっている個人投資家とは心構えも実力も段違い。

投資の世界におけるプロというのは、銀行員でも証券会社の社員でもなくヘッジファンドのマネージャーです。ヘッジファンドというのは、投資家から預かったお金を増やすことを生業にしている専門の資産運用会社です。

優秀なマネージャーがいるヘッジファンドに投資を任せれば、預けたお金が3年で倍に増えることも普通に起こり得ます。素人がどんなに株式の買い方を勉強しても3年で投資額を倍増させるのは不可能に近いです。

3年で投資額を倍増」ということに少しでも興味がある方は、ヘッジファンドについて色々と調べてみると良いでしょう。

タケシが推薦!おすすめファンドランキング